ミックの "帳票One Stop Solution"

システム開発と運用 SOLUTION

運用サービスの実績

ミックでは、これまで多くの運用サービスの実績があります。大量に保持している帳票の効率的な運用について、さまざまな場面において適切なサービスをご提供。サービスモデルの多くは「棚卸し作業」→「分類・分析」→「標準化」→「ユニバーサルデザイン化」→「制作」→「管理」の流れでの展開となっています。

■大量帳票の正規化業務

帳票管理の最初のステップとなります。

棚卸し作業
現存している帳票群の棚卸しを行います。具体的には、帳票を業務や機能ごとに分類し、改廃等をしながら、帳票数の圧縮を提示します。
分類・分析

特定業務で使用される多量の帳票に対して、記載・記入内容などをキーにさまざまな観点で分類・分析を行います。(例/大量の加入依頼書に対して、掲載商品や保障内容などで分類し、その傾向を分析する作業)

帳票レイアウト・項目の標準化

同一業務で使用する帳票の分析後、記載枠・記入枠をカテゴライズして、標準化あるいは部品化のうえ、効率の高い帳票管理を実現します。

■わかりやすい帳票への取り組み

帳票の重要な要素であるデザイン面の改善です。

ユニバーサルデザイン化
帳票の標準化作業とともに、ユニバーサルデザイン化をはかります。
現行帳票のデザイン改善

現在運用している帳票に対して、不備削減を目的にしたデザイン改善作業を行います。

■帳票製作・管理業務

iPRO-DBSのほか、他社製ツールを使用した帳票開発も行っております。

印刷帳票

iPRO-DBSで作成した帳票の印刷用版下PDFを作成し、指定された印刷会社へデータ支給するサービスです。

印字帳票

iPRO-DBSで作成した帳票を、オンラインやバッチ印字帳票ソースとして使用します。

電子帳票

銀行窓販で使用されているiReportや、金融機関に限らず広く使用されているPDF Formについても、帳票制作を行っています。

帳票管理
iPRO-DBSで作成された大量の帳票を、FormWorkFlowで高精度で管理し、改訂等の際に迅速に対応できるサービスを展開しています。

<上記の各例の導入会社様>
大手損害保険会社/大手生命保険会社/大手損保系生保会社/
中堅損害保険会社/外資系損害保険会社/外資系生命保険会社/
外資系窓販生命保険会社/銀行系クレジット会社/大手印刷会社

↑TOPに戻る