株式会社ミックのご案内

会社情報 COMPANY

MICの近況

<社長のつぶやき>
2017年10月19日

FIT2017の展示とセミナーについて

今年は、「フィデューシャリー・デューティー」という舌を噛みそうなテーマで展示とセミナーを企画しております。

そして、おかげさまで、セミナー申込者数は100名を超え、あとわずかとなりました。
皆さま、お申し込みいただき、ありがとうございます。

展示については、パネルや配布資材も刷新し、弊社なりに「わかりやすさ」を追求しております。
コンテンツは、以下のようなものをご用意しております。
・ユニバーサルデザイン帳票および動画サイト連携で手続きを支援する仕組み・可変レイアウトを可能にした帳票システムと事例(SBI生命様・大同火災様)紹介・今年リリースした募集資料自動生成システム「Formfree」

また、SBI生命様より、「顔年齢を診断する」スマートフォンアプリがiOS向けに提供されました。
皆さま、ぜひお試しください。

<展示会・イベント>
2017年10月16日

『金融国際情報技術展 FIT2017』セミナー申込状況

すでにお知らせしましたとおり、ミックは本年度も『金融国際情報技術展 FIT2017』に出展し、セミナーを開催いたします。

現在、申し込み状況も順調で、残り20席程度となりました。

弊社ソリューション、あるいは帳票領域のフィデューシャリー・デューティー(受託者責任)についてご興味がございましたら、下記URLよりお早めにお申し込みください。
http://fit.nikkin.co.jp/seminar.html

■セミナータイトル
SBI生命の帳票領域のフィデューシャリー・デューティーを意識した取り組み
■日時
10月27日(金)14:40~15:40
■場所
東京国際フォーラム ホールE E1会場
■スピーカー
SBI生命保険株式会社:執行役員 池山 徹 様
「顧客本位の業務運営に関する原則」の定着に向けたSBI生命の取組方針と帳票分野での具体的な事例を紹介する。株式会社ミック:代表取締役 細川 謙三
①ユニバーサルデザインおよびお客様が必要とする記入・記載枠のみを反映した、可変レイアウトでの帳票生成事例
②記入欄・商品欄等を部品化し管理することで、コンテンツ制作と管理効率が大きく向上した事例

<社長のつぶやき>
2017年10月16日

募集資料生成システム「Formfree」記事掲載後の動向

10月2日(月)の保険毎日新聞で、団体保険向け募集資料生成システムとして「Formfree」が掲載され、おかげさまで数社よりお問合わせもいただいております。

また、その後のマーケティング活動の中では、フィデューシャリー・デューティー(受託者責任)への対応で「Formfree」の機能がどのように役に立つのか等の課題を、お客様よりいただきました。

その答えのひとつとして、以下が挙げられます。

金融庁から開示されている「改正保険業法の施行後の保険代理店における対応状況等について」の中で、高齢者への対応、顧客へ注意喚起や潜在的なリスクについての適切な助言等、代理店独自の観点でフィデューシャリー・デューティーを意識した活動が取り上げられています。

「Formfree」を活用することで、営業拠点や代理店の裁量で自由にパンフレット等の作成ができ、こうした活動を強化していくことが可能です。当然、顧客への訴求力が向上するとともに、コンプラチェック負荷も大幅に軽減できます。

つまり、フィデューシャリー・デューティーへの対応を「Formfree」で支援できることになります。

<プレスリリース>
2017年10月2日

募集資料生成システム「Formfree」の記事掲載について

本日、保険毎日新聞に団体保険向け募集資料生成システム「Formfree」が掲載されました。

この仕組みは、弊社のパートナー会社であるトムソンネット社、ウィング・システムワークス社と、共同で開発いたしました。また、公益財団法人東京都中小企業振興公社にて研究開発案件として助成対象となりました。

本年4月以降、数社の保険会社様にご案内し、様々なアドバイスをいただきました。団体保険だけでなく、募集資料全般に対応できるようにする等、「あるべき姿」もイメージできました。

当製品では、フィデューシャリー・デューティー(受託者責任)の「重要な情報の分かりやすい提供」に合致した募集資料の生成も実現できますので、お気軽にお問合わせください。


※記事には「Foomfree」と記載されていますが、「Formfree」が正しい名称です。

↑TOPに戻る