ミックのソリューション導入の具体例

導入事例 EXAMPLE

SBI生命様 導入事例

SBI生命様では、2016年2月の開業に向けて、帳票生成システムと100帳票(印刷・オンライン)の開発に対して、課題がありました。帳票開発の前提条件は、アクセシビリティの高い帳票で顧客サービスを向上させること。そして、短期間かつ低コストで帳票を開発しリリースすることでした。

導入の詳細

課題

1.顧客サービス向けのフロントシステムと、それに連携する帳票システムを既存システムで対応した場合、帳票開発が時間的に間に合わない。

2.開業に向けた帳票は、「わかりやすさ」を前提としたデザインとし、アクセシビリティに富んだ帳票であるべき。

3.非対面告知書については、被保険者ごとにレイアウトが異なるOne to One帳票化したい。

MICのソリューションを導入

<帳票生成> Open!PrintXMLを採用
<帳票開発> デザイン・制作・管理を
ミックへ一括アウトソーシング
MICによる
解決と
ポイント

1.デザイン・制作・管理を含めて全帳票の開発をミックへアウトソーシングしたことにより、予定工期内で帳票をリリースできた。

2.帳票に「わかりやすさ」が反映され、顧客サービスが向上した。

3.受け渡しデータをXML化したため、帳票の受け入れテスト作業が効率化できた。

導入効果

■開発工期50%短縮
既存システムで開発した場合と比較

■開発予算40%圧縮
従来手法で帳票開発した場合と比較

■不備50%に半減
「わかりやすさ」が反映されアクセシビリティが向上

新聞掲載記事

保険毎日新聞 2016年6月3日掲載


↑TOPに戻る