株式会社ミックのご案内

会社情報 COMPANY

MICの近況

<プレスリリース>
2017年10月31日

大同火災様の記事掲載について

本日、保険毎日新聞に大同火災海上保険株式会社様での導入事例が掲載されました。

導入のきっかけは、顧客および代理店へのサービス向上の施策として、帳票をわかりやすく提供できる仕組みを提案したことでした。
特に、2016年にSBI生命様でサービスインした One to One レイアウトを実現した告知書モデルがベースとなりました。

200程度の項目を持った特殊団体傷害保険の申込書を、数パターンのレイアウトで出力制御することを前提に、「Open!PrintXML」の導入と帳票開発をいたしました。

弊社スタッフの沖縄訪問は、システムのセットアップ支援とチューニングの1回のみでした。
そして、Skypeでの週1回15分程度の定例会議に加え、メールと電話でのやりとりで帳票開発とシステムテスト等を終え、約1ヶ月半でリリースすることができました。

今回の開発では、「超高速開発」を実践した「SBIモデル」を大同火災様に横展開することで、低コスト・短工期・高品質を実現できました。
運用フェーズでは、問い合わせやクレームを大幅削減でき、申込書の不備率も大幅に改善できただけでなく、代理店での業務効率化もはかれたとの事でした。

つまり、FIT2017でご紹介した「帳票分野」でのフィデューシャリー・デューティー対応支援というテーマを、大同火災様でも実践できたということです。

<プレスリリース>
2017年10月2日

募集資料生成システム「Formfree」の記事掲載について

本日、保険毎日新聞に団体保険向け募集資料生成システム「Formfree」が掲載されました。

この仕組みは、弊社のパートナー会社であるトムソンネット社、ウィング・システムワークス社と、共同で開発いたしました。また、公益財団法人東京都中小企業振興公社にて研究開発案件として助成対象となりました。

本年4月以降、数社の保険会社様にご案内し、様々なアドバイスをいただきました。団体保険だけでなく、募集資料全般に対応できるようにする等、「あるべき姿」もイメージできました。

当製品では、フィデューシャリー・デューティー(受託者責任)の「重要な情報の分かりやすい提供」に合致した募集資料の生成も実現できますので、お気軽にお問合わせください。


※記事には「Foomfree」と記載されていますが、「Formfree」が正しい名称です。

↑TOPに戻る